ひよこショートのヘアカタログ撮影したからがっつり解説していくブログ,PART2, 撮影編

フジロックまであと6日!!

 

おはようございます。

 

今日も糖質制限中の木村です。

 

 

 

フジロックに向けて強靭な体を作るのです。

 

 

さて表題

 

 

昨日のエントリー

 

 

スタイリング編ですね

 

 

 

そこからの今日は

 

 

ライティング解説編

 

 

さて

 

 

 

 

こちらも

 

 

 

 

こちらも

 

 

 

こちらも同じライティング

 

 

まずは全貌公開

 

 

 

 

こんな感じです

 

 

 

一つずついきますね

 

 

 

 

このように光が窓から入ってきます。

 

 

 

これだとこの写真で顔の側が影になります

 

 

 

肌も綺麗に見えないし

 

 

 

くらい感じにしたくないので

 

 

 

 

 

まずこれ

 

 

 

 

 

 

これに対して

 

 

 

 

 

 

こう光を出すことで天井に跳ね返った光が(天井バウンス通称天バンと言います)

 

 

直接光をあてるより柔らかくモデルさんに当たります

 

 

そうしたら窓から入る光が柔らかくなるのです

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

ピントが甘いですが

 

 

 

うちのスタッフが持っているスピードライトが天井と壁に当たり

 

 

影を緩和します

 

 

なので顔に影があまり出ないようにしているのと

 

 

光を3方向からあてることで

 

 

モデルさんが浮きたつようにしています。

 

 

 

なぜレフ板ではダメかとゆうと

 

 

割と窓が大きく光が入るので

 

 

だいぶレフ板をモデルさんに寄せないといけないのが大変だからとちょっとそれだと影が出すぎるからです

 

 

それは実証済みです

 

 

またなぜスピードライトをスタッフが持ちなのかとゆうと

 

 

スタンドにつけるものが今ないからですw

 

 

 

スタンドつけましょうw

 

 

 

レガーレでは僕の撮影に参加するのは勉強とゆう位置付けなので

 

 

せっかくですから働いていただきましょうw

 

 

 

自分の体使わないと覚えないですしね

 

 

 

自分で運転しないと道もなかなか覚えれないでしょ?

 

 

 

 

ちょっと乱暴かもですが同じ理屈です。

 

 

 

そうして撮った写真がこちら

 

 

 

 

 

 

ど正面からの

 

 

 

 

 

笑顔は一つは入れる

 

 

 

 

どの角度でも

 

 

 

 

Canon 5DMARK4  SHIGMA ART 85mm f1.4

 

 

可愛いスタイル

 

 

似合うなんて大前提

 

 

モデルさんにまたやってもらいたい

 

 

と思える撮影をするのが大事だよなあと思います。

 

 

 

お客様へのスタンスと同じですね。

 

 

 

カメラの設定は

 

 

 

絞りはf2.2シャッタースピードは125

 

 

 

 

動画 2017-07-22 8 58 22

 

 

 

最後にインスタのストーリーを

 

 

笑顔大事(2回目)

 

 

 

といった完全解説編

 

 

 

今月中にアシスタントの撮影会のライティング編と

 

 

Canon6Dと5D4との差の検証ブログもやります。

 

 

 

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

友だち追加お願いします。

LINE@
No tags for this post.