Image default
ブログ 木村ブログ 日常の事

コンテストに思う

おはようございます。

昨日もレタッチの合間にsnsを回遊してたら、、

 

ヘアショーもだけどコンテストを讃えたい | naoto kimura

おはようございます。 先日はナプラ ドリームプラス日本武道館へ。 久々です。 2年前は自分も出させていただけました。 https://youtu.be/XZT4vpwG0Sg ありがとうございました。 まぁ、ほんと良い経験というか… こういうのに出られる事によってある種の踏ん切りというか、1つの区切りを付けら

こういった記事や、、、

 

こういった記事もあり、、、、

最近では自分が出す、もしくは出るコンテスト自体は激減したのですが、、、

うちはスタッフがそういった競技会や作品作りに熱心なスタッフが多い分足を運ぶことも多いわけで

恥ずかしながら独立した当初僕も入賞したコンテストに行ってなくて怒られたこともあり

受賞したカットコンテストでグランプリがほとんど切ってなくてもうカットコンテストでなくなった経緯もあり

それまあまあ突っ込んだらそのディー○ーさんからセミナーの依頼なくなったんだけどもw

当然引用させていただいた片柳さんの記事の「未発表の〜〜〜」とゆう規定や木村さんの最後まで残って讃えようというところ

ウィッグ禁止のコンテストでめっちゃウィッグの受賞や切ってなくての受賞なんて当たり前で。未発表作品じゃない受賞作品が被ってることもザラ

うちのマッキーもフォトコンテストで某メーカーさんのコンテストで受賞したから某ディーラーさんのコンテストを辞退とゆうこともありました。

ただ未発表作品はコンテストめっちゃあるからなかなか主催側が完全に網羅するのは難しいと思いますが、規定をしっかり守れば(テーマや)出る側ももっと考えるようになるんじゃないかなとは思います。

ぶっちゃけ「規定なんてあってないようなもの」って思っちゃってるもんね、、、

そんな中正面から規定に向き合って結果を出された片柳さんは素晴らしいと思います。

そして

審査員の小松さんの目にも止まってシェアされてたからこれを機会に変わればなと思います。

やっぱり声をあげるって大事ですね。

なぜか怒られたりするけどw

そして最初のairの木村さんの記事での

コンテストは皆で讃えたいね

メインの1つである、コンテスト。

最後の最後に結果が出る為か、席を離れる方も多く、どちらかというとメインがこれだと思うので拍手を送り讃えるスタンスをとりたい。

全く同感でして

結果出たあと出場者で結果出なくて悔しくて帰るのは気持ちわかりますwwww   ただ来場者は最後まで、、、と思います。

感ずるところがあったのでスタッフにも共有して教え子の方々にも共有して近いとこだけでも自分たちの戒めとしようと思います。


最後に引用させていただいたair 木村さん girl 片柳さん HEAVENS  小松さん ありがとうございました! 不快でしたら即消しますので、、、。

Related posts

糖質制限、、おめでとうピンクマン、、な件

卒業シーズン

木村さんの38歳のお誕生日をみんなでお祝い