POST

TAG

広島髪質改善といえばLegareのマデナトリートメント

35D1A3E2-C641-49B8-89AA-636F676BD553

広島髪質改善といえばLegareのマデナトリートメント

 

どうも広島髪質改善マスターLegareの妙見です

本日のお客様はこちら

エイジング毛

月一白髪染め

スーパーロングスタイル

ストレートも3ヶ月に一度されてます

今回はメンテナンス

先月ストレートされましたので

今回はヘアケア

まずはビフォーがこちら

C4A92A36-CA31-4B28-81AD-ACC9E8D6FF25
2E42D6CE-A66E-4834-A0E4-99FA63511A7F

ゴムの結び跡が付いてます

毛羽立ちも少しありますね

では綺麗にして行きましょう

アフターがこちら

35D1A3E2-C641-49B8-89AA-636F676BD553
715D6AA2-3FBE-4674-B114-174E0EE22A9F

この艶素晴らしいです

綺麗になりました

C59C90E9-11C1-4372-A3D9-A2204CAB8272

この艶は素晴らしい

ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?失敗しないオーダーのコツを紹介

くせ毛があると、スタイリングに時間がかかりがち。そんなわずらわしさから解放されるためには、“施術によって髪のくせを整える”という方法がありますこの方法のうち代表的な施術が「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」です。とはいえ、この2つの違いが分からずに迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はストレートパーマと縮毛矯正違いについて解説するとともに、施術を希望する際に失敗しないオーダーのポイントをお伝えします。

ストレートパーマと 縮毛矯正の違いは?真っ直ぐになるメカニズムを解説

くせ毛悩む方にとって強い味方となるのがストレートパーマや縮毛矯正です。しかしストレートパーマと縮毛矯正はどう違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか。まずはストレートパーマと縮毛矯正の違いを確認し、髪がストレートになるメカニズムを解説します。

ストレートパーマと縮毛矯正は、どちらも「真っ直ぐにする」施術

ストレートパーマと縮毛矯正は、2つ別物のように思いがちですが、実はそれぞれに明確な違いはありません。どちらも真っ直ぐにするための施術です。髪質や状況によって使い分けていたり、作業工程にストレートアイロンを使っているかどうかで区別したりケースはあります、実際に使われている薬剤と真っ直ぐにするための仕組み、工程はほとんど同じなのです。

ストレートになる仕組み

先述した通り、ストレートパーマや縮毛矯正と呼ばれる施術において、使われる薬剤や工程は、ほとんど同じです。薬剤は大きく1剤と2剤で2種類あり、くせを伸ばすものと、硬い髪を柔らかくするもので、そこにアイロンを使って形を固定してストレートにするのが一般的です。その仕組みから、髪のくせを伸ばす流れを確認してみましょう。

1. 髪に1をなじませて、くせ毛をつくるゆがんだ分子(水素やイオンなど)の結合を切断する。
2. 髪に2をなじませて、1で切断した分子を再結合し、アイロンを使って真っ直ぐに固定することでストレートな状態にする。
3. 2を洗い流し、仕上げに乾かす。

髪のくせを伸ばす施術としては、上記のような工程で行うのが一般的です。薬剤の種類や髪質によっては、アイロンを使わない場合もあります。

最近話題の「酸熱トリートメント」でストレートになるの?

髪のくせを伸ばす方法として、最近テレビや雑誌などで話題になっているのが「酸熱トリートメント」です。酸熱トリートメントは、乾燥した髪をケアしてくせを伸ばす方法で、溶剤を使って髪の毛の内部の水分を熱で抜き、新しい結合を作り出すことでゆがんだ髪の形状を補正します

薬剤を使って毛髪の結合を切るのではなく、新たな結合を作る仕組みになっており、ストレートパーマ(縮毛矯正)と比べて、ダメージが少ないというメリットがあります。しかし、酸熱トリートメントはあくまでも「補正する」ために使われるもの。ストレートパーマ(縮毛矯正)と同じようなイメージがありますが、実は、しっかりしたストレートになるわけではなく、ゆるいクセや加齢によるうねりに悩む人向けの方法です。

酸熱トリートメントであっても、強い溶剤を使えばストレートに近づけますが、その場合、ストレートパーマ(縮毛矯正)をするよりも、髪へのダメージが大きくなる可能性があります。つまり、酸熱トリートメントは、あくまでも「軽い補正」と活用するのが基本。ダメージを抑えながら、できるだけ髪のくせを伸ばしたいのであれば、美容師の判断でしっかりケアしてくれるサロンで、ストレートパーマ(縮毛矯正)の施術を受けるとよいでしょう。

ストレートパーマ(縮毛矯正)にかかる費用と時間

では、サロンでストレートパーマ(縮毛矯正)の施術をお願いした場合、どのくらいの費用と時間がかかるのでしょうか。

施術にかかる費用

ストレートパーマ(縮毛矯正)の料金は、店舗によって異なり、カットやトリートメントなどを追加するかどうかでも変わります。おおよその目安として「カット+ストレートパーマ(縮毛矯正)」の費用は、安いところで7,000円~10,000円程度、高いところでは19,000円~27,000円程度(広島県内でのリサーチ結果)。レガーレでは、カット込で11,300~22,800円程度(税別)になります。髪の長さによって料金は変わりますが、レガーレでは、前髪だけの施術を行う「前髪ストレート(5,500円~)」や、「前髪+顔回りストレート(6,050円~)」など、パーツごとの施術も可能です。

施術にかかる時間

施術にかかる時間のおおよその目安としては、カットやブローを含めて4時間~4時間30分程度で予定しておくとよいでしょう。施術時間の長さは、髪の長さや太さ、施術メニューによって変わります。髪長い人は時間がかかイメージるかもしれませんが、ショートやボブであっても、「髪が太い人」や「毛量が多い人」は時間の余裕を見ておくと安心です。というのも、ストレートパーマ(縮毛矯正)の施術では、アイロンを使用して髪を伸ばす工程があり、その作業時間によっても時間が変わからです。アイロンを使用する際には、熱をしっかり伝えるために少しずつ髪をはさんで行います。髪が細い方、毛量が少ない方と比べて、髪が太かったり毛量が多かったりすると、アイロンを使う際にも時間がかかりやすくなります。そのほかトリートメントといった施術を追加すれば、その分の時間もかかってしまうため、具体的な終了時間を知りたい場合には予約時に確認しておくとよいでしょう。

ストレートパーマ(縮毛矯正)をするメリット・デメリット

髪のくせを伸ばすことができれば、毎日のスタイリングも楽になります。しかし、ストレートパーマ(縮毛矯正)の施術は、メリットばかりではありません。メリットとデメリットの両方を理解し、自分に必要かどうかを確認してみましょう。

施術を受けるメリット

たくさんのメリットがありますが、大きく以下の3つが挙げられます。

髪が真っ直ぐサラサラになる
ストレートパーマ(縮毛矯正)を利用する一番のメリットは、髪のくせが伸び、きれいなストレートになる点です。同時にツヤも出やすく、サラサラとした手触りの髪への変化が期待できます。
すっきりと髪が伸びた状態が保たれるため、ボリュームダウン
広がりがちな髪も、ストレートパーマ(縮毛矯正)をかけることですっきりと髪が伸びた状態が保たれ、ボリュームを自然に抑えられます。
ぐせもつきにくくなる
ストレートになる施術を受けたことで、寝ぐせがつきにくくなるのもメリットです。朝のスタイリングにかける時間が大きく短縮されるでしょう。

施術を受けるデメリット

一方でデメリットもあります。

ダメージが大きい
ストレートパーマ(縮毛矯正)は、髪ダメージを受けやすい施術です。初めての施術であれば、深刻なダメージを受けにくい傾向がありますが、カラーやパーマを繰り返した髪への施術は、慎重に行う必要があるでしょう。特に、市販のストレートパーマ剤を使用する際には、十分に注意するべき点です。
髪が伸びると違和感が出る
ストレートパーマ(縮毛矯正)は、通常のパーマやカラーと同様に、いま現在の髪に対して行う施術です。そのため、施術後に髪が新しく伸びてくると、根元に違和感が出る場合があります。特に強いくせがある場合には、新しく伸びてくる部分だけうねりが目立ってしまう可能性もあり、時間の経過とともにアンバランスな印象を与えてしまうでしょう。伸びてきた部分に対して、定期的にストレートパーマ(縮毛矯正)を行うのもひとつの方法ですが、繰り返してしまうと髪へのダメージが蓄積されてしまうかもしれません。強いくせが気になっている場合には、ストレートパーマ(縮毛矯正)が本当に必要かどうか、また最適な選択になっているかなど、専門的な知識を持つ美容師に相談し判断してもらいましょう。

サロンの選び方や失敗しないオーダーのポイント

「きれいになろうと思ってストレートパーマ(縮毛矯正)をかけにいったのに、失敗してしまった」なんて事態は避けたいもの。サロンの選び方や失敗しないオーダーのポイントをチェックしておきましょう。

値段ではなく腕で選ぶ

ストレートパーマ(縮毛矯正)の施術は、きれいな仕上がりだけでなく、ダメージケアまで注意を払うといった高度なテクニックが求められます。そのため、安易に料金だけで選んでしまうと、仕上がりは良くても、あとあと髪へのダメージが大きくなっていた、という結果になりかねません。

ストレートパーマ(縮毛矯正)では、薬剤の種類や量、アイロンのかけ方、施術のタイミングなどによって大きな差が出やすいもの。担当する美容師の経験はもちろん、専門的な知識があるかどうかを確認したうえで、より良い美容室を選ぶとよいでしょう。

その際、サロン選びのポイントとなるのは、「入念なカウンセリングの有無」にあります。髪質のチェックはもちろん、どんなスタイルに仕上げたいのか、また、そもそもストレートパーマ(縮毛矯正)の施術が必要かどうかまで、きちんと理解してもらうためには、事前のカウンセリングが欠かせません。望んだ施術を、ただやってくれる美容室が良いというわけではなく、髪質や悩みをチェックしたうえで、より良い方法を提案してくれる方が、今後も健康な髪を維持するために大切なのではないでしょうか。

また、仕上がりについてもこだわりのある美容室を選びたいところです。例えば、不自然さを感じさせるほどの真っ直ぐストレートや、根元や毛先に変な折り目が出てしまうようなシルエットになってしまうと、違和感が出てしまいます。強いストレートにするためには、その分強い薬剤を使うことになるため、髪へのダメージも心配です。

ストレートパーマ(縮毛矯正)はふんわりとした柔らかさと動きのある自然なシルエットに仕上げるのが理想。サロンが提供する仕上がり写真もチェックしながら、カウンセリング実績のある親身な美容室を選びましょう。

失敗しないオーダーとは

カウンセリングにおいて、なりたいイメージを伝えるとともに、髪質についても相談すると失敗が少なくなるでしょう。髪質や髪の傷み具合、悩みなど、具体的に伝えるほど、より良い提案が受けられます。特に、髪の傷み具合はパーマやカラーの経験やその回数によって異なります。市販剤を使った縮毛矯正やカラーの経験がある場合は、その旨も必ず伝えましょう。

プロの施術で理想のストレートヘアを目指そう

ストレートパーマと縮毛矯正は、それぞれに大きな違いはありません。また、どちらの場合でも、施術を受けるにはメリットと同時にデメリットがあり、自分に合っているかどうかを慎重に確認する必要があるでしょう。とはいえ、人によってくせや髪質が異なるため、素人の自己判断は禁物。失敗した場合には、髪へのダメージが深刻になる可能性もあるため、まずはプロである美容師の目で判断してもらうようにしましょう。しっかりとカウンセリングしてもらえるサロンを選び、理想のヘアスタイルを目指したいですね。


参考:

要約文:

ストレートパーマと縮毛矯正、2つの施術メニューを見てどちらが良いのか迷った方もいらっしゃるのではないでしょうか。この2つの違いについて解説するとともに、ストレートパーマ(縮毛矯正)を受けるメリット・デメリットや、失敗しないためのサロン選びのコツを紹介します。

 

photo:

 

(A)  画像番号110736002557

 

(B)  画像番号07900002904

 

ご愛読ありがとうございます

気になる方はこちらからご予約お待ちしております

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000187925/stylist/T000397868/#stylistHeadline

お待ちしております

妙見 知洋
Editor

広島の髪質改善マスター妙見です!!美髪、艶髪を提供いたします。 何千人ものお客様に提供してきた極まった酸熱トリートメントとストレートパーマを是非私に施術させてください。 きっとご満足させてみせます! 担当させて頂いた美髪にしたお客様をインスタグラムに載せています。ぜひご覧ください。

facebook
tweet
line
link

OTHER POST

喜んでもらえる事がやりがいに繋がるんだなと思う

佐藤 可士和さんのクリエイティブシンキング

ブリーチを使わないダブルカラー

予約する